一般・実用書

サッカーの話をしよう
ワールドカップ予選をめぐる64の話

ISBN:
978-4-7555-0891-2 C0075
著 者:
大住良之
発 行:
あすとろ出版
販 売:
あすとろ出版
仕 様:
B6判
総頁数:
256頁
定 価:
1,400円(税別)

何よりも結果が大事なワールドカップ予選。しかし予選は結果だけではない。闘うための準備、ピッチから離れたさまざまな戦い、ファンやメディアの心の持ち方…。ワールドカップを目指す戦いは、まさに総力戦だ。本書は、東京新聞で16年にわたり連載が続く「サッカーの話をしよう」から、2010年ワールドカップ卵Iにあわせ、日本代浮フ活躍にテーマを絞ったコラムを厳選して構成した。書き下ろし序章を含む大幅加筆に、巻末にはワールドカップ時事年表付き。2002年のトルシエからジーコ、オシムを経て岡田武史まで、日本代表の変遷をサッカージャーナリストである著者独自の視点から切り取る。

「サッカーの話をしよう」の過去の記事が読める大住良之オフィシャルアーカイブサイトはこちらから(www.soccertalk.jp)

この本の購入先